Blogブログ

ネットワークカメラ 防犯カメラの特徴 選定

IT化が進み、防犯対策 ネットワークカメラの復旧も進んでいます。

介護施設や幼稚園、工場、オフィス内など、様々な用途で活躍しているネットワークカメラです。

 

今回はネットワークカメラの特徴種類について解説していきましょう。

 

レコーダー型

ソース画像を表示

名前の通り、レコーダーと各場所にカメラを設置するタイプです。

一番主流で、スタンドアローンでの設置が可能です。

レコーダ内のハードディスク容量に応じて、録画時間が変わります。

レコーダの購入が必要なため、初期費用は比較的に高くなります。

 

クラウドサーバ型

ソース画像を表示

ソース画像を表示

カメラの映像は、クラウド上に保存されます。

インターネットを介して、クラウドにデータを送るため、通信料とクラウド利用料の月額ランニングコストが発生します。

レコーダの購入が必要ないため、初期費用は抑えることはできます。

また、データがクラウド上にあるため外出時からの、スマホやPCなどで閲覧も可能。

 

 

SDカード型

ソース画像を表示

レコーダー不要で、初期費用を抑えることが出来る。

SDカードが容量までの保存しか行えないため、レコーダーほどの保存期間を長く管理することが出来ない。

 

また録画再生する際に、その都度SDカードを抜きだし確認する必要があるため、ネットワーク越しの確認は

LANケーブルの接続が必要になります。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

ネットワーク カメラでも用途に合わせて様々な方法があります。

弊社では、福岡市近郊のお客様では無料で下見、ご相談お見積が可能です。

 

気になることありましたらご相談ください。

 

 

 

関連記事