Blogブログ

オフィスレイアウトで業務効率を上げる

福岡市でオフィス(事務所)のリニューアルや新設に伴う、レイアウト作成や移転手配などを行っております、ベストオフィスクリエイションです。

 

仕事効率を上げるには業務内のやり方を変える、日々の5Sを徹底して探し物の時間をなくすなど、目に見えて無駄になっているものを省く、仕組みを変える、ということを実施すると思います。

 

実は業務効率を上げるためにできることの一つとして「社員のモチベーションを上げる」ということがあります。

モチベーションを上げるだけで効率上がるの?と不思議に感じるかとおもいますが、オフィスレイアウト一つで社員同士のコミュニケーション向上や仕事合間のちょっとした息抜きができ、モチベーションが上がり、自然と業務効率向上につながります。

 

今回は、「フリーアドレス」と「リフレッシュスペース」についてご紹介します。

 

フリーアドレスの導入

弊社のブログにて「福岡市のオフィスづくりフリーアドレスとは?」でも紹介しておりますが、フリーアドレスとは各人固定席はなく、どのデスクでも自由に座って仕事をすることができるスタイルです。

 

毎日違う席で仕事を行うので新鮮味があり、同僚・部下・上司関係なく近くに座るので、コミュニケーションの活性化にもつながります。

また、フリーアドレス導入にともない、書類や備品の断捨離を自動的に行うことになるので、目に見える部分の業務効率、作業効率を上げるための仕組みを作ることもできます。

 

福岡市のオフィスづくりフリーアドレスとは?

 

 

 

リフレッシュスペースの設置

リフレッシュスペースと聞くと「休憩室?」と想像される方が多いと思いますが、実は違います。

「休憩室」はお昼時間に昼食をとったりするスペースで、仕事をするスペースと部屋が別になっていることが多いと思います。

「リフレッシュスペース」はちょっと雰囲気を変えて仕事をしたりミーティングをしたりなど、多目的に活用するスペースで、仕事をするスペースの中に設けます。

 

(左:株式会社ゼコー様 右:社会労務士法人アドバンス様)

 

リフレッシュスペースは仕事の空間から切り離すのではなく、同じ空間に創ることが大事です。

同じ場所にあることで気軽に使用することでき、自席から離れることもありちょっと気分が変わります。

 

リフレッシュスペースを活用することで…

 

*活発なアイデアが生まれやすい

 

*他部署、チームの人とコミュニケーションが取れる

 

*気軽に上司、部下とコミュニケーションが取れる

 

*仕事の合間にちょっと休憩してリフレッシュ

 

*場所を変えて仕事をして、集中力UP

 

 etc…

 

(左:株式会社スクラムソフトウェア様 右:ベストオフィスクリエイション)

 

リフレッシュスペースの形は様々です。

 

*ハイテーブル+ハイチェア、ローテーブル+ソファなどの組み合わせでカフェ風にする

*パーテーションソファでワークスペースと空間を区切る

*チェアの色をカラフルにしてみる

*観葉植物を置いてみる

*ちょっとした気分転換できるモノを置いてみる

 

…など、ワークスペースとは少し雰囲気を変えてみてください。

ワークスペースにちょっとした空間を創るだけで、社員のモチベーションが上がります!

 

リフレッシュスペースを設置したり、リニューアルによって社内の雰囲気を変えることは、

社員のモチベーションだけでなく、新入社員の会社選びにも影響があります!

会社を選ぶ上で、業務内容や会社の社風はもちろん、自分が働く環境が快適であるか、おしゃれであるか等も重要視されています。

社内のレイアウトを変えようと考えている方、移転を考えている方などいらっしゃいましたら、是非リフレッシュスペースの導入も検討ください!

オフィスレイアウト

 

関連記事