Blogブログ

【オフィス】オフィスの移転について

オフィスの移転は、移転の目的による物件探しから始まり、時期や予算、オフィス什器等の移設やレイアウト。電話・インターネット回線の手続き、工事の申請など多岐に渡ります。

そこで、今回は移転先・時期確定した後、オフィス什器・オフィスインフラ移設に関する実施事項を順序についてご説明します。

 

目次

  1. オフィス什器・オフィスインフラとは

  2. オフィス什器の移設に関して

  3. オフィスインフラの移設に関して

  4. 移設手配の順序と時期は

  5. さいごに

 

1・オフィス什器・オフィスインフラとは

【オフィス什器とは】

オフィスに必要な家具や備品など全般を指します。

つきましては、執務スペースに必要なデスク・チェア、資料や備品を収納するための書庫、金庫。

また、受付カウンターや間仕切り(パーテーション)などもオフィス什器です。

 

【オフィスインフラとは】

電話回線やLAN・電気配線、音響設備などインフラに接続される様々な機器のことを差します。

その他、上下水道や空調関係も含まれことがあります。

 

2・オフィス什器の移設に関して

【引っ越し業者】

引っ越し業者へ見積依頼をするにあたり、下見で訪問するまでに、現在の什器をどの程度移設するのか大枠を決める必要があります。

理由は、どれだけの量を移動するかによっても料金が変動するためです。

また、合わせて廃棄家具の見積りを依頼すと一つの窓口で完結させることができます。

 

【オフィス什器】

現在の什器をそのまま移転させるのか、一部新規で入替をするのか、全てを入れ替えるのか

全体の予算に応じてある程度決めておくとよいでしょう。

 

【レイアウト作成】

移転に関するご相談の上で、

「オフィスのレイアウトをどうしたらよいかわからない」

「ある程度決めてはいるが、それが可能かどうか分からない」 という声を伺います。

そのような場合は、オフィス創りのプロの力を借りてみてはいかがでしょうか。

 

3・オフィスインフラの移設に関して

【電話・インターネット回線】

移転の連絡から回線工事までに早くても1~3か月、場合によっては半年先になることもあります。

(2022年2月時点)

よって、移転先と時期が決まったのと同時に着手すべきは、契約されている電話・インターネット

回線会社へ移転の連絡です。

 

【OA機器】

コピー機やサーバー、パソコン関係に関して、什器とは別に移設されるケースがあります。

したがって、購入した業者への移設・設置を連絡が必要です。

 

【電話主装置】

電話主装置の移設は回線業者と別手配です。

したがって、購入された業者の確認と連絡が必要となります。

 

【各配線工事】

電気、電源、LAN、電話に関する配線工事をどの業者が対応するのか、切り分けと手配が必要です。

例)壁、床等のコンセント増設や照明のスイッチの切替と電源・LAN・電話の配線

 

【その他】

ネットワークカメラ、プロジェックター、入退室管理システム、音響設備などの移設工事の手配

4・移設手配の順序と時期は

基本的な大枠の流れは、次のとおりです。

 

5・さいごに

このようにオフィスの移転には、多くの実施事項があります。

それらを弊社ではまとめて対応が可能です。

ご移転また、その他インフラに関するお困りごとがございましたら、一度ご相談くださいませ。

関連記事