Newsお知らせ

【IT】Windows7サポート終了が近づいてます

2020年1月14日にWindows7の延長サポート期間が終了します。

このサポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。

他にも、これからさらにネット社会が成長していく中で、旧OSに当たるWindows7では対応ができない部分が増えてきます。

また、2020年1月15日以降は、Microsoftからボリュームライセンスを取得しないとWindows7を使い続けることができなくなります。
※Windows10のダウングレード版のWindows7を使用しているPCに限ります。
ダウングレード権についてはこちら《参照》マイクロソフトソフトウェアライセンス条項

7. ダウングレード権
お客様は、製造業者またはインストール業者から Windows の Professional バージョンがプレインストールされているデバイスを取得した場合、Windows 8.1 Pro または Windows 7 Professional バージョンを使用できますが、マイクロソフトが、(aka.ms/windowslifecycle) に規定されているとおり、かかる旧バージョンのサポートを提供している期間に限ります。本ライセンス条項は旧バージョンの使用に対しても適用されます。旧バージョンに異なるコンポーネントが含まれている場合、お客様によるかかるコンポーネントの使用については、旧バージョンに付属するライセンス条項の該当する条件が適用されます。製造業者もしくはインストール業者、またはマイクロソフトは、旧バージョンの本ソフトウェアをお客様に提供する義務を負いません。お客様は、旧バージョンを別途取得しなければならず、その際に料金が請求されることがあります。お客様は、いつでも旧バージョンを、最初に取得したバージョンに置き換えることができます。

 

Windows7からWindows10への移行は、早めをおすすめしております。

以前WindowsXPからWindows7への移行の際には

「在庫が足りないから買い替えができない!」

という事態が発生しております。

今回も同じようなパソコン入れ替え騒動が起こる可能性が高いといわれてますので、ご注意ください。

また、弊社ではお客様のパソコンを調査し、最適なパソコンを提案しております。

お気軽にお問い合わせください!