Newsお知らせ

【オフィス】夏だ!熱いぞ!メッシュチェア!

すでに熱い日は続いておりますが、猛暑の夏はこれからが本番です。

仕事中、冷房を入れていても、座っていると何となく熱い…と感じることありませんか?

熱くなるのは、座っているチェアの背もたれ部分がファブリック(布地)の場合、通気性の問題もあり背中からの体温がとどまり、熱く感じてしまいます。

その結果、熱いだけでなく、汗による臭いの吸着など、様々なトラブルが発生します。

 

今回はそんな夏の暑さに負けない通気性の良いチェア「メッシュチェア」をご紹介!

 

メッシュチェアは

1、通気性が良い
→風通しが良いので、熱を逃がします。

2、汚れが付きにくい
→チェアの出し入れをする際の手垢汚れなどが付きにくく、ついてもさっと拭き取れます。

3、臭いの吸着がない
→人の体臭や汗のニオイは少なからず誰にでもあります。メッシュは通気性が良いので臭いの吸着を防ぎます。

と3点のメリットがあります。

 

また、メッシュであればなんでもいい!という判断はNGです。

チェアにも個性があり、人との相性もあります。

ここで、弊社で使用している背面メッシュのチェアの特徴をご紹介。

 

①「アクトディア」 内田洋行

背面がメッシュだけでなく樹脂で製作されているので、通気性だけでなく、背中を預けたときに安定感があります。
また、横を向く・振り返る動きに合わせてフィットし、姿勢の変化に柔軟に対応します。

 

②「エルフィ」 内田洋行

座面手前の座奥調整ができるので、どんな体格の人でもベストな状態で座れます。
また、座面も背面も広いので、座る位置のずれがなく安定感があります。

 

③「カリッサ」 内田洋行

コンパクトで小回りがきき、身体にフィットする座り心地です。
また、カラーバリエーションが豊富なので、どんなオフィスにも合わせやすいです。

 

いかがでしたか?

もちろん「メッシュに隙間に入ってしまったゴミが取りづらい」「通気性がいいので冬はかえって寒い」など、メッシュチェアにもデメリットはあります。

会社の環境やチェアを使用する社員の性別や業種など、あらゆる視点でチェアをカスタマイズしてください。

 

夏も快適にデスクワークができるように、メッシュチェア!おすすめです!

関連記事